高血圧 症状 治療

高血圧は食材と食事方法で対策できる!

高血圧は食材と食事方法で対策できる!

高血圧対策の中でも、もっとも効果が出やすいと言われているのが食事療法です。


高血圧になってしまう主な原因というのが、
食事や運動不足などの生活習慣の乱れである場合がほとんどです。

ですから、食事療法で、食事を変えることが一番高血圧には効果が高いのです。


しかし、なるべく早めの段階で始めることが重要です。

たとえ、高血圧に対して食事療法が効果が高いとしても、
高血圧が進行してしまうと、もう手遅れになってしまうからです。

高血圧対策に良い食事方法とは

では、高血圧対策には、どのような食材でどのような食事をするのが良いでしょうか?

まず、塩分をなるべく控えるようにすることが肝心です。


日本人は一日におよそ12グラムの塩分をとっていると言われています。

高血圧の場合、塩分の量は一日に6グラム未満とすることがふさわしいとされています。


ですので、だいたい、これまでの半分の塩分量にしなければならないということになります。

これは以外とむずかしいといえます。

塩分を控えるコツ

そこで、食材を工夫したりする努力が必要となってくるでしょう。

塩やおしょうゆの代わりに、調味料として、
お酢やスパイス、香味野菜などの食材を使うと良いかもしれません。

レモンやグレープフルーツなどのかんきつ類も
塩分を減らしたいときの味付けにはおすすめの食材です。


また、みそ汁を作る際には、だしをしっかりと取ると、
みそを少なくしてもおいしいみそ汁となります。

みそ汁のだしをとる際には、インスタントのだしではなく、
きちんとこんぶやかつおぶし、いりこなどからだしを取ると、
だしの中にたくさんの栄養分も含まれます。

1日1杯のみそ汁が健康な体を作る!?

この栄養分には、微量ミネラルという栄養分も含まれていて、
これは現代人には不足しがちな栄養分です。

この微量ミネラルが不足していることが、現代人の様々な病気の原因ではないかと言われています。


一日、一杯のみそ汁がこれらの病気を防いで健康で元気な体を作ってくれると思うと、
ぜひともだし入りみそ汁を、毎日の習慣にしたいものです。

また、いろんな種類の野菜などの食材を入れることで、
食材からの味が出ますので、おいしいみそ汁となるでしょう。




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional