高血圧 症状 治療

高血圧を漢方薬で改善できる?

高血圧の漢方薬とは

漢方薬を使って、高血圧を改善してみるという方法もあります。
漢方薬と聞くと、病院などの処方薬と違って、なんとなく体にやさしくて、
効果もゆるやかというイメージがあるかもしれません。

しかし、漢方薬も正しく選ばなければ、強い副作用が起こります。
また、自分の体質に合った漢方薬であれば、すぐに効果を感じることができるのです。


では、どのような漢方薬の選び方をすれば良いでしょうか?

実は、漢方薬というのは、悩んでいる病名できめるものではないのです。
その人の症状や体質、体力などをすべて含めて、どの漢方薬を使うかを決めます。

ですので、高血圧に効く漢方薬というのは無いということです。
つまり、ある人には高血圧に効いたという漢方薬でも、
自分にはまったく効果がないどころか、ひどい副作用まで現れるということもありえるのです。


ですから、高血圧のために漢方薬を使いたいと言う場合には、
漢方薬に詳しい医師か専門家のに相談してから使うようにしましょう。
医師によっては、東洋医学にはあまり詳しくないという場合もありえますので、
気をつけたいところです。

漢方薬の処方の際には、検査での数値のよるデータなどは使いません。
だからこそ、長年の経験などが求められます。
自分ひとりで、漢方薬を使うには、それなりにいろいろと勉強してからにしましょう。

自分にあった漢方薬選び

高血圧に効く漢方薬選びは難しいものですが、自分に本当に合った漢方薬が処方されると、
とても高い効果を感じることができます。

漢方薬は、体全体のバランスを整えて、あらゆる症状を改善させるものですので、
高血圧だけでなく、全身のあらゆる部分が健康になった気がするでしょう。


また、漢方薬は苦くてまずいというイメージがあるかもしれません。
しかし、本当に自分の体質に合った、自分の体に必要な漢方薬であれば、
甘くておいしく感じるそうです。

ですので、漢方薬選びの際には、口に含んでみたときの感覚も参考にしてみると良いかもしれません。


 >>高血圧の治療・改善の一覧に戻る



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional