高血圧 症状 治療

高血圧の治療にはどんなものがあるの?

高血圧の症状と治療まるわかりガイド > 高血圧の治療・改善 > 治療

高血圧の治療にはどんなものがあるの?

高血圧の治療というのは、高血圧治療ガイドライン2009を元にして考えた場合、
一般的に、以下のような順番で進めていくことになるでしょう。

まず、自分がどのくらい脳や心臓の血管病になる可能性が高いかを調べます。

血管病のリスクは、低リスク、中等リスク、高リスクのいずれかに分けることができ、
そのいずれかに当てはまるという場合には、まず病院で、生活習慣の改善を指導されます。


高血圧で高リスクに当てはまる場合、生活習慣の改善とともに
ただちに降圧剤を使った治療が始まります。

高血圧で中等リスクか低リスクに当てはまる場合、
まずは、生活習慣の改善を行なってみて様子を見てから降圧剤による治療へ進みます。


高齢者に対しての高血圧治療も積極的な治療を行なうと、
高血圧治療ガイドライン2009では明記されているようです。

ただし、高齢者の高血圧治療に関しては、血圧が下がり過ぎてしまうことが、
認知症につながるかもしれないという意見も出ていることから、
積極的な治療に関しては否定的な専門家もいるようです。

自分でもできる減塩療法~塩分を控えるコツは?

生活習慣の改善による高血圧治療として代表的なものは、
減塩療法、運動療法、禁煙などがあります。

減塩による自分でできる高血圧治療についてですが、
高血圧の人が、一日に取る塩分の量は6グラム未満だとされています。

減塩

塩分量を常に意識して食事をするようにしなければ、
簡単に6グラムは超えてしまうでしょう。

塩分を控えるコツとしては、塩やしょうゆを使う代わりに、
お酢やレモン汁、スパイスなどで味付けしてみることが
できるでしょう。

また、みそ汁では、だしをしっかりと取るようにすると、
みその量が少なめでも十分においしく頂けるでしょう。

そして、インスタントのだしではなく、自分で煮出して取っただし汁の中には、
私たちに必要不可欠な微量ミネラルが豊富に含まれていると言われています。


この微量ミネラルはサプリメントでは取ることができない栄養素だそうです。

これらの栄養素が現代人には不足しがちで、
そのために様々な病気を生んでいるとさえ言われています。

また、お酢についてですが、一般的な米酢以外にも、ワインビネガーや黒酢、バルサミコ酢など、
いろんな種類のものがありますので、楽しみながら試してみると良いかもしれません。





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional