高血圧 症状 治療

高血圧だと保険に加入できないの?

高血圧だと保険に加入できないの?

高血圧と保険

高血圧と診断されてしまったら、医療保険に加入できないかもしれない。
そんな疑問について、少し考えてみたいと思います。


現代の日本人は、一人にひとつは何かしらの体の不調を抱えていると言われています。

このような言葉がささやかれている日本において、完全に健康な人しか医療保険に加入することができないというのは、あまり現実的なこととは言えないでしょう。


実際に何らかの持病があったとしても、医療保険のほとんどは加入できるようになっているのが現状です。

ですので、持病があるから保険は加入できないとあきらめないで、まずは保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。


とはいうものの、保険料は、病気の種類や、治療の必要度、安定しているかどうかなどによって、割高になってしまうことは避けられないでしょう。

また、給付金については、持病とは関係のない病気や怪我については、通常と同じように支払われるところがほとんどのようです。

保険加入時の審査

また、意外と知られていないこととして、たとえ高血圧だと病院で言われたとしても、保険加入時の審査に影響する確率は少ないということです。また、保険料も割高にはならないでしょう。

高血圧が原因で入院や手術をしたという場合には、審査は厳しくはなりますが、健康診断などで高血圧だと言われたという程度であれば、ほとんどの人は、医師から生活習慣の改善を指導されただけだと思います。


その程度であれば、何の問題もなく、保険料が割高になることなく加入できるでしょう。

とはいえ、高血圧であることに変わりはありませんので、油断してはいけません。

生活習慣の改善をせずに、それまでと同じ生活習慣で暮らし続ければ、高血圧はますます重くなっていき、突然死の可能性は高まるからです。


高血圧はサイレント・キラーとも呼ばれていて、ある日突然に死亡してしまうこわい病気なのです。

ですから、入院や手術の必要はなくても、毎日の生活習慣を改善することはどうしても必要なのです。



 ← 高血圧のいろいろ に戻る



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional