高血圧 症状 治療

高血圧を予防するためにできることといえば・・・

高血圧の症状と治療まるわかりガイド>高血圧の基礎知識>高血圧の予防

高血圧を予防するためにできることといえば・・・

高血圧を予防するためには、まず生活習慣の改善が第一です。

まずは、無理をせず、食事の改善などできることからはじめていきましょう。

高血圧予防としての生活習慣の改善のひとつに、食生活の改善を行なうことができます。

どのように食生活を変えてみることができるでしょうか?


日本人というのは、欧米人に比べると、塩分の摂取量が多いことから、高血圧の症状になりやすいと言われています。それは、塩漬けやみそ漬け、漬け物などの食文化があるからです。

欧米では、日本よりも脂っこい肉などを多く食べる習慣がありますので、欧米人は、心筋こうそくなどの心臓病になりやすい特徴があると言われています。

日本では塩をたくさん取る習慣があるために、日本人は、脳梗塞などの脳の血管病になりやすい特徴があると言われています。

高血圧予防の為の減塩のコツ

日本人が一日に取っている塩分量は平均12グラムだとされています。

高血圧の場合には、一日の塩分量は6グラム未満にするように目標を設定します。

食事の改善

塩味というのは、減らしてしまうと、かなり物足りなく感じてしまいます。ですが、減塩を続けていくことによって、舌が慣れてきますので、それまでは我慢して続けることが大切です。


一度、薄味で慣れてしまってから、外食したり、インスタント食品を食べたりすると、かなりしょっぱく感じることでしょう。

今まで、どれだけ塩分を摂り過ぎていたのかが実感できるはずです。


減塩で高血圧予防を実践する際に、味付けの物足りなさを解消するために、かんきつ類やお酢やスパイス、香味野菜などを利用してみることも良いかもしれません。

特に、お酢には、血圧を下げる効果がありますので、高血圧予防にはもってこいの調味料です。


それに加えて、食材のうまみを引き出し、食材をやわらかくする効果もあります。
ぜひとも、料理のレパートリーの中に、お酢を使った料理も加えたいものです。

また、みそ汁やスープなどを作る際には、具だくさんにすることで、野菜からうまみがでますので、塩分が少なくてもおいしくいただけるでしょう。




前へ前ページ「高血圧ガイドラインからわかる治療法とは?



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional