高血圧 症状 治療

高血圧にアルコールはダメ?大丈夫?

高血圧の症状と治療まるわかりガイド>高血圧のいろいろ>高血圧とアルコール

高血圧にアルコールはダメ?大丈夫?

高血圧を予防したいのであれば、アルコールは避けておいたほうが無難だといえるでしょう。

確かに、アルコールは適量であれば体にとって良い影響があるとも言われています。

しかし、自分にとってのアルコールの適量を見定めることは、難しいと言えますし、また、適量がわかったとしても、そのアルコール量を守ることも難しい場合が多いです。

アルコール

高血圧とアルコールの関係を考えた場合、アルコールを飲んだ直後は、血圧が低くなる傾向がありますが、しばらくたつと、逆に血圧は上がってしまいます。

結局のところ、アルコールは高血圧をもたらしてしまいます。

もしどうしても、お酒を飲みたいという場合には、一緒に食べるおつまみを工夫すると良いかもしれません。


何も食べずに、アルコールだけを飲むというのは、体に良くありません。

タンパク質を中心としたおつまみが良いと言われています。
たとえば、チーズ、鶏肉、魚、豆、イカなどがおすすめです。

こういった食べ物は、アルコールの悪い影響を抑えてくれる効果があるからです。



しかし、高血圧を予防したい場合には、塩分の取り過ぎにも注意したいところです。

タンパク質中心の料理というのはは、とくに塩分が多くなってしまいがちです。

塩分を控えめにしても、おいしいおつまみにするコツとしては、お酢やレモンなどのかんきつ類を上手く利用するとよいでしょう。

味にアクセントが出て、うす塩の味付けでも満足感のあるおつまみとなります。

ストレス解消にはアルコールより運動

また、ストレス解消のためにアルコールを利用することが多いという人は、他のストレス解消法を探してみることをおすすめします。

高血圧にとって、ストレスを抱えることは大敵といえます。


運動などで体を動かすことは、ストレス軽減効果があるという研究結果も出ています。

同時に、高血圧予防にもなりますので、一石二鳥です。


ゆったりとした有酸素運動を行なうとよりよい効果があるでしょう。

息切れしない程度での散歩でも十分ですので、さっそく今日からでもはじめてみてはいかがでしょうか?




前へ前ページ「高血圧だと保険に加入できないの?



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional