高血圧 症状 治療

高血圧の食品

高血圧の症状と治療まるわかりガイド>高血圧の食品

高血圧の食事・食品

高血圧を改善するには、食品の取り方を考えることが、まず自分でできる第一歩ではないでしょうか?
高血圧の食事となると減塩がまず思い浮かびます。高血圧の場合の一日の塩分摂取量は6グラム未満にする必要があるといわれています。日本人は平均一日12グラムの塩分を取っていると言われていますので、約半分の量に抑えないといけないのですが、そうすると普段の慣れている味付けより随分変わるので、意外と難しいのです。塩分を控えるコツとしてお酢やスパイス、かんきつ類を料理にプラスして食事に一工夫くわえると、うまく塩分コントロールできるでしょう。
食事の他にも、最近ではサプリメントやお茶で高血圧を改善しようと試みる人も多くいるようです。特に高血圧予防にはカリウムを摂取することが効果が高いといわれていますので、カリウムが含まれているものを選ぶのも一つの方法です。
最近ではテレビや雑誌のあらゆるメディアで、高血圧にいいとされる様々なサプリメントやお茶が紹介されています。それほど高血圧に悩む人が多いということなのでしょう。たくさんある種類の中から選ぶのはなかなか難しいですが、試供品やお試し品などでまず試してみて、自分にあった食品をを取るようにしたいですね。


  • 高血圧を食事で予防しよう!
    高血圧を予防する場合、必ずおこなう必要があるのが食事の改善である。というか、食事の改善をすることなく高血圧を改善することは難しいでしょう。高血圧の予防をするうえで効果的な成分があり、それは海藻類に多く含まれているようです。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional