高血圧 症状 治療

高血圧の基礎知識

高血圧の症状と治療まるわかりガイド>高血圧の基礎知識

高血圧の基礎知識【一覧】

現在の日本で高血圧人口というと、約4000万人いると言われています。それほど、高血圧というのはだれもが成り得る病気なのです。最近では高齢者だけでなく、もっと若い世代から高血圧になる人が増えているようです。
高血圧の原因として一番に言われるのは塩分の取りすぎですが、他にもストレスやタバコ、遺伝など人によって様々です。高血圧が気になったら、まずその原因を調べてみるといいかもしれません。
高血圧の一番の危険といえば、自覚症状がほとんどないことです。自覚症状がないのに、ほおっておくと命に関わる合併症ひきおこすので、とても危険なのです。実際には少し高血圧の症状は出るのですが、サインが小さいため普段のちょっとした体調不良くらいにしか考えず、その症状が高血圧の症状だと気付かないことが多いのです。それが高血圧が「サイレントキラー」といわれるゆえんです。
高血圧の改善には病院へ行ったり、薬で治療したりと様々ですが、自分でできる運動療法や食事療法などもあります。
だれもが成り得る高血圧について少しでも知識をつけておくことも予防策のひとつといえるでしょう。
ここでは高血圧の基礎知識について紹介しています。よければ参考にしてみてください。


  • 高血圧になる原因は何?
    高血圧の原因で広く知られているのは塩分の摂り過ぎでしょう。このほかにも精神的なストレスが元となって高血圧になってしまう事もあるようで、いろいろな要因が考えられるのです。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional