高血圧 症状 治療

高血圧のお茶の選び方は?

高血圧のお茶の選び方は?

ここ最近、高血圧の予防に効果があるとされているお茶は、実に多くの種類のものが売られています。利尿作用があるタイプのお茶であったり、高血圧の元となる酵素の働きを阻害するタイプのお茶など様々です。

お茶を選ぶ際には、どのような作用があるのかということまで納得したうえで、自分に合った高血圧対策のお茶を選ぶようにしたいものです。また、お茶を選ぶ際に、ノンカフェインのものを選ぶというのも一つのポイントだと思います。


一日に取ることができるカフェインの適量というのは、その人の体質などによって違いますが、できるだけカフェインは取らないほうが、高血圧予防には良いとされています。


高血圧とコーヒー

コーヒーに関しては、カフェインが多いために今までは体に良くないとされてきましたが、次々と、ダイエット効果やアルツハイマー予防効果のような効能が発表されています。合わせて、コーヒーは高血圧の症状には悪影響はないという発表もあったようです。

しかし、1日に何杯も飲むという人は、カフェインの過剰摂取(砂糖を入れる人は糖分の過剰摂取)にもつながるので、程よくたしなむ程度がいいじゃないかとは思います。


また、中にはコーヒーが体質に合わない人もいますので、飲んでみて体調がおもわしくないと感じるようなときには、やめてみると良いかもしれません。特に女性の場合には、カフェインを摂らないようにすることで、体調が良くなったという人が多いようです。

カフェインは吸収される際に、肝臓などに負担がかかるということがわかっているそうです。ですので、中には、体質的にカフェインが合わないという人もいるかもしれません。

「コーヒー1杯じゃ物足りない・・・」「コーヒーがないとなんだか口寂しい・・・」そんな人は、コーヒーの代わりにノンカフェインのお茶で代用するのもおすすめですよ。




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional