高血圧 症状 治療

血圧を下げる方法【食事編】

血圧を下げる食事の方法とは!

血圧を下げる方法のひとつとして、断食療法というものがあります。

断食と聞くと、食事を抜きますので、
修行のようなとても辛いイメージを思い浮かべるかもしれません。


しかし、この断食療法にも、いろいろな種類があります。

上手に断食を行なうと、まったく辛さを感じないで行なうことができるようです。

話題の断食療法

その中でも、最近、話題となったものに朝食だけを抜くという断食療法もあります。

血圧を下げる方法として、この断食療法を実践してみると良いかもしれません。


ただし、断食の専門家の指導のもとで行なうようにし、自分だけで行わないようにしましょう。

ただ、食事を抜くというだけではありませんので、
正しい方法で行わないと、逆に体調を崩してしまうこととなります。

1日30品目食べる!?

現代のあらゆる病気の多くが、食事が原因でおこっている場合が多いといえます。

特に、食事を取り過ぎていることが大きな原因だと言えるでしょう。


現代の栄養学では、食事で一日に30品目食べるように指導しています。

しかし、実際にこのような食事をしようと心がけることで、

結果的に、食べ過ぎてしまって、体調を崩してしまうというリスクをはらんでいます。

30品目食べなくても栄養を取る方法

なぜ、一日の食事で、30品目も食べなければ、栄養が十分に取れないのでしょうか?

それは、現代の食品が精製された食品ばかりであるということも
原因のひとつだと考えられます。


例えば、お米で考えてみると、お米は玄米ではなく白米にして食べています。

玄米を精米することで、ビタミンやミネラルをほとんど捨ててしまうこととなります。

また、小麦粉、砂糖、塩なども精米されたものがほとんどです。


また、魚を食べるときも、頭から丸ごと食べるようにしたり、
野菜もできるだけ、皮ごと食べるようにするだけで、
30品目も食べなくとも、十分な栄養をとることができるはずです。

ですので、血圧を下げる方法として、食品は丸ごと頂くようにすると良いでしょう。


現代の栄養学のままの食事だと、どうしても食べ過ぎてしまい、
体調を崩してしまいやすくなります。

この血圧を下げる方法は、いつでも試してみることができますので、
高血圧の症状がある方は本当に効果があるかどうか実践してみると良いでしょう。




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional