高血圧 症状 治療

血圧を下げる方法【運動編】

血圧を下げる運動の方法とは!

血圧を下げる方法のひとつとして、運動はとても効果の高い療法だと言われています。

他にも、血圧を下げる方法としてポピュラーな食事療法と合わせて、
この運動を行なうと、目に見えて血圧が落ち着いてくるでしょう。

激しい運動よりゆったりとした運動を

では、血圧を下げる方法として運動を行なう場合には、
どのような運動を行なうのがもっとも効果が高いでしょうか?

運動の効果を高めるには、なんとなく激しく運動すればするほど
良いようなイメージがあるかもしれません。


しかし、血圧に関しては、激しく運動することは逆効果であるといえます。

実は、運動を、血圧を下げる方法として行なうのであれば、
鼻歌が歌える程度でゆったりと行えるような運動がもっとも適していると言われています。

血圧を下げる運動方法でおすすめは?

たとえば、ウォーキングや水泳、ジョギングなどの有酸素運動が、
血圧を下げる方法としてはもっともおすすめです。

一日に30分程度、2週間ほど続けてみるだけでも、
かなりの効果を実感できるのではないかと思います。

簡単な運動ですので、さっそく今日からでも始めてみることができるのではないでしょうか?

運動で血圧が下がる理由

なぜ、こんなにも簡単な運動で、血圧を下げることができるのでしょうか?

それは、血管に秘密があります。


通常、年齢が上がるにつれて血管は固くなります。

本来は、血管というのはやわらかくて弾力があり、
血液が流れるときの強い衝撃を吸収して受け止めてくれます。


しかし、血管が固くなると、その衝撃を受け止められずに、血圧が上昇してしまうのです。

高血圧 症状をそのままにしておくと、血管が傷ついたり、破裂して、
脳こうそくや心筋こうそくなどを招く危険も高くなります。


ですので、いかに血管をやわらかく保つことができるかということがポイントとなってきます。

血管を若返らせるのに、一番良いのが有酸素運動です。


有酸素運動をすることで、血液を全身に送ろうとして血流がはやくなり、
その刺激を受けて、体内に一酸化窒素が発生します。

その一酸化窒素が筋肉に伝わり、筋肉がリラックスして、血管が広がります。


その結果、血流がスムーズになり、高血圧を予防してくれるというわけです。

ですから、血圧を下げる方法として、有酸素運動がもっとも効果が高いのです。



■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional