高血圧 症状 治療

FrontPage

高血圧が心配…、予防・対策についてお悩みの貴方へ

悩む
「健康診断の数値が気になる…」
「高血圧予防の為にいい方法はないものか…」
「高血圧の人はどんな対策をしているのか…」

加齢にともなってこんな悩みを抱える人が急増しています。あなたもそんな中の一人ではないですか?


高血圧の改善には食生活の見直しや適度な運動をすることが求められますが、それが完璧にできると聞かれれば、自信を持って「はい」と答えられる人の方が少ないのではないでしょうか。

食生活でいうと、サラサラ成分と言われるDHAやEPA、タウリンやサポニンなどを積極的にとるといいらしいですね。中でも、心血管疾患リスクの低減や抗血栓作用が期待されるDHA・EPAは、合わせて1日1グラム(1000mg)以上の摂取を厚生労働省が推奨しています


このDHAやEPAの成分は、マグロやカツオ、イワシなどの魚に含まれるので、毎日の食事の中に取り入れればいいのですが、魚が苦手な人もいるでしょうし、何より、毎日これらの魚を食べるというのも、なかなか難しいですよね。

ですので、食事のサポートとしてDHA・EPAサプリメントを利用する人が増えてきているというわけです。今回はサプリメントをうまく利用するために、サプリを選ぶときに気を付けておきたい3つのポイントをまとめました。

DHA・EPAサプリの選び方

DHA・EPAサプリを選ぶときの3つのポイント


ポイント1 DHA・EPAの量が多いものを選ぼう!

厚生労働省がDHA・PHA(オメガ3脂肪酸)の摂取を推奨しているにも関わらず、ここ最近では若い世代に限らず、魚を食べそうな中高年の世代でも、その推奨摂取量(1g/1日)には届いていません。調べによると一般的に約600mgも不足しているようです。その不足分をサプリメントで補うには、DHA・EPAの含有量が重要です。含有量が500~600mg程度はあるサプリメントを選びましょう


ポイント2 抗酸化成分がしっかり配合されているものを選ぼう!

DHA・EPAサプリメントの弱点としてあげられるのが酸化です。その酸化を防ぐために必要なのが抗酸化成分です。抗酸化成分には、ビタミンEやアスタキサンチン、セサミンなどがあります。DHA・EPAの量が多くても、酸化してはパワーも損なわれるので、抗酸化成分やその他の酸化対策にも注目して見てみましょう。


ポイント3 匂いは重要!飲みやすいものを選ぼう!
DHA・EPAサプリでは、その特有の魚臭い匂いがダメで続けられなかったという人もいるようです。魚の苦手という人にとったら、致命的とも言えますね。最近では、特殊製法によってにおいを感じさせないような手法で作られたサプリも多いようなので、続けるためにも飲みやすいものを選ぶことをおすすめします。


この3つのポイントをふまえて、人気のDHA・EPAサプリの中から管理人が厳選したおすすめのものをランキングでご紹介します。

人気のDHA・EPAサプリメント!管理人のおすすめランキング

おすすめランキング

1位 大正DHA・EPA

大正DHA・EPA

大正DHA・EPAは、厚生労働省が定めるDHA・EPA推奨量の不足分(※上記ポイント1参照)を補える600mgの高配合です。最近魚より肉料理が最近増えているなと感じている人は要チェックです!

水になじみにくいと言われるDHA・EPAですが、大正製薬の独自製法技術により、約2分で溶ける「溶けやすいカプセル」を実現させています。また、抗酸化成分のビタミンEに加え、アルミの個別包装で酸化防止力もアップ。製薬会社ならではの技術と細部への気配りも、管理人おすすめのポイントです。

1DHA・EPAが600mgの高配合!
2抗酸化成分ビタミンE+個包装で酸化を守る!
3溶けやすいカプセル採用で吸収率アップ!

1日あたりのDHA・EPA(5粒)DHA/400mg・EPA/200mg
初回価格75%OFF!1,000円(税別)・送料無料
定期割引あり/2回目以降は10%off
備考初回限定75%OFFは定期お届けコース(3回継続)で可能!※お休みはいつでもOK!)

大正DHA・EPA 大正DHA・EPAの公式サイトはこちら


2位 きなり

きなり

1日の目安量4粒に含まれるDHA・EPAの量は500mgで、クロマグロの赤身だと約5人前分にもなります。更に、これを抗酸化力の高い「アスタキサンチン」でしっかりガードして、本来の力をカラダに届けます。

また、一般的なDHA・EPAは、性質上水になじまない為、体に吸収されにくいと言われています。その点きなりは、水に溶けやすいクリルオイルを使用し、贅沢成分をスピーディーに体に吸収させる工夫がなされています。

1抗酸化力の高いアスタキサンチン配合!
2ナットウキナーゼでWのサラサラパワー!
3特殊製法で魚臭さをブロック!

1日あたりのDHA・EPA(4粒)DHA/452mg・EPA/52mg
初回価格1,980円(税込)・送料無料
定期割引あり/2回目以降も33%off
備考返金保証あり/15日間

きなりの詳細はこちら きなりの公式サイトはこちら


3位 DHA&EPAオメガプラス

DHA&EPAオメガプラス

数あるDHA・EPAサプリの中でも続けやすい価格帯が人気の、みやびのDHA&EPAサプリです。1日4粒あたりの配合量は上位に勝てませんが、100円当たりの配合量で考えると、コスパは断トツです。最近商品がリニューアルされ、3つの健康成分がプラスされパワーアップしましたが、価格は以前のままです。

さらに、プラス成分として配合されている「オリーブスクワレン」は、スタミナや年齢に衰えを感じている人におすすめの成分です。

1定期コースなら1日あたり約55円!
2DHA・EPA100mgあたり15円の圧倒的コスパ!
3スタミナ不足に「オリーブスクワレン」!

1日あたりのDHA・EPA(4粒)DHA/243mg・EPA/85mg
初回価格1,851円(税込)・送料100円(メール便)
定期割引あり/毎月1袋は10%off
備考定期購入でコインケースとサプリケースのプレゼントあり

DHA&EPAオメガプラスの詳細はこちら DHA&EPAオメガプラスの公式サイトはこちら

※リニューアル前の「鮫肝・DHA&EPA」のレビューはこちら↓
こちら体験レポート「みやびの鮫肝・DHA&EPA」を試してみました!


高血圧の症状と治療について・・・

現在、日本の高血圧人口は推定で4000万人と言われています。
さらに驚くかもしれませんが、高齢者の医療費のトップも
高血圧・・・なんと、32.6%(厚生省HPより)を占めているのが、高血圧に関連する病気の治療費なんです。
今後も日本では高齢者の割合がどんどん増えていくのは目に見えているので、それにともなって高血圧人口も増えていくでしょう。

最近では高齢者だけでなく、40代の人たちにも高血圧が増えているようです。若いからといって油断していると気づかぬ間に高血圧ということもありえるので注意が必要です。


高血圧が危険なワケとは・・・・

さて、それでは高血圧が危険といわれている理由はなぜでしょう?

それは、普段の生活で自覚症状がほとんどないということです。

実際には一時的に軽い高血圧の症状が現れていることもあるのですが、すぐに症状がなくなってしまうため、別の病気だと考えてしまい、その症状が高血圧によるものだと気づかない・・・・それゆえ『サイレントキラー』といわれている。

その名からも十分に高血圧の危険性をうかがい知ることができると思われますが、高血圧の症状からなる合併症で代表的な病気といえば『心臓病・脳血管障害・腎臓病』がありますが、そのどれもが命に関わる非常に危険な病気です。

もし高血圧の症状に気づかず放置していると治療する間もなく・・・・。

高血圧の症状の治療について提案があるのですが・・・・

高血圧の症状を治療する場合、多くの方が病院へ通院し、降圧剤で血圧を無理やり下げていることでしょう。では、あなたは知っていますでしょうか?高血圧の治療としてよく用いられる降圧剤が、一時的に血圧を下げるだけの単なるその場しのぎでしかないことを・・・・

そして、あなたには知っておいて欲しいのです。
降圧剤による高血圧治療は根本的な改善には繋がりにくいということを。


質問です・・・・あなたは、塩分をとったら全ての人が血圧が上がると思っていませんか?

じつは、塩分をとって血圧が上がる人は20%で、残りの50~80%の人たちは、いくら塩分をとっても血圧があがらないのです。減塩や運動も高血圧の症状を治療するうえで大事な要素ではあります。しかし、それだけでは高血圧の症状を根本から改善することは難しいということが言えるでしょう。


【高血圧の症状と治療まるわかりガイド】のコンセプトは高血圧の根本的な改善です。

当サイトに訪れた、高血圧で悩まれているあなたの不安が少しでも解消されましたら幸いです。
そして、根本から高血圧を改善し、よりよい人生を歩んで頂ければと願うばかりであります。





高血圧についてもっと詳しく!

高血圧の原因には、食生活や運動不足、睡眠不足などの生活習慣の乱れなどがまず挙げられますが、ストレスも高血圧の原因のひとつとして考えられています。


ストレスをどのようなときに感じやすいかというのは、人それぞれ違ってきますが、特に、仕事や人間関係などでストレスを感じやすいという人は大変多いことでしょう。仕事や人間関係で抱えたストレスというのは、後々までひきづりやすいものです。

ストレスを長期間、抱え続けたままでいると、体の自律神経のバランスが乱れやすくなってしまうことから、血圧が高くなりがちになってきます。それをそのまま放っておくと、いつのまにか高血圧となってしまうのです。


ですので、高血圧予防には、ストレスを感じても、後々までひきづらないような対策をすることが肝心です。ストレスをまったく無くすということは、不可能です。しかし、後々までひきづらないようにすることは可能です。自分にあったストレス解消方法を見つけましょう。

特に効果的な方法だと言われているのが、嫌なことがあったら、それを忘れるくらい楽しいことをするという解消方法です。これを実践している人という人は、上手にストレスと付き合っているという人が多いように感じます。


また、日本人はまじめな性格の人が多いと言われていますが、その通り、ストレスを感じても、けっして逃げてはいけない、戦わなければいけない、と考えてしまう人が多いように思えます。しかし、実際に逃げずに耐えている人ほど、高血圧であるという場合が多いと聞きます。

また、高血圧以外にも、心臓や肝臓などに疾患を抱えやすかったり、精神疾患になってしまったりしやすいようです。ストレスを感じたら、逃げても良いんだと、自分に言い聞かせるようにしましょう。逃げることに罪悪感を感じることなく、上手にストレスを解消して、高血圧を始めとする様々な体の不調から身を守りましょう。

自分の体を守れるのは、自分だけです。そのことを常に頭に入れておきたいものです。

高血圧だとされる数値はどのくらい?

高血圧だとされる基準の数値は、上の血圧が140以上、下の血圧が90以上という数値です。この数値は2004年版の高血圧治療ガイドラインのものです。

この高血圧だとされる基準の数値にも歴史があります。どんな歴史があるか、ご存知でしょうか?最近、出版された高血圧に関する書籍にも書いてあります。

わかりやすいように、上の血圧だけに注目して説明していきます。実は、30年頃前までは、医学部において、高血圧の基準は年齢プラス90だと教えられていました。

100歳であれば、190以上だと高血圧、
90歳であれば、180以上で高血圧、
80歳であれば、170以上で高血圧という感じです。


ところが、その後、いきなり高血圧の基準の数値が変更になります。年齢に関係なく、血圧の数値が160以上であれば、一様にみな高血圧だということに変わりました。その結果、高血圧の患者が、その日からいきなり1600万人になりました。

次に、2000年には、血圧の数値が140以上だと高血圧であるというふうに変更がなされました。その結果、さらに高血圧の患者は増え、その日からいきなり3700万人の人が高血圧だと診断されることとなったそうです。


これらの高血圧の数値に関する変更の歴史を見てみると、なんとなく違和感を感じてしまう人も少なくないかもしれません。厚生労働省の説明では、大規模な縦断的調査の結果、しっかりとしたデータの裏付けのもとに、高血圧の基準の数値は変更されているということだそうです。

もともと、血圧が上がるのは、病気ではなく老化現象です。心臓のポンプが働かないと、体に血液を巡らせて、栄養をすみずみまで行き渡らせることができません。そのため、血圧が上がるというわけです。

それなのに、一様にみな、140以上なら、高血圧であると決めてしまうのには、ちょっと疑問を感じてしまう気持ちも正直ありますね。

自分でできる高血圧の対処法

とはいっても、自分が基準の数値を上回っているのは言うまでもありません。そこで、血圧の対処法をいくつか紹介します。自分に合っていそうだと思う対処法があれば、ぜひとも実践されてみてください。では、簡単にできるものから紹介します。

高血圧の対処法として、朝一杯の白湯を飲むという方法です。これを読んでくれているあなたは、朝起きて、まず何をしますか?朝起きて、まず最初に、一杯の白湯を飲むことを習慣にすることで、高血圧が改善される場合があるそうです。これは、東洋医学の考え方では、体の内側の冷えを取る効果があり、高血圧だけでなく、その他の体の調子も改善されるそうです。

また、しばらく続けていくと、最初の方で、昔苦しんでいた持病などが再発することがあるそうです。しかし、これは、好転反応のようなもので、いづれ消え去って、どんどん体調が良くなっていくと言われています。


他にも、手軽にできる高血圧の対処法があります。それは、首マフラー保温術です。寒い季節になると、手足が冷えたり、かじかんで動かしにくくなったりしますが、これは、体温が下がり過ぎないように、末梢部分の血管を収縮させて血流を減らすという体の防衛本能のようなものだそうです。

この結果、血行が悪くなり、血圧が上がります。体の中でも、寒さにもっとも敏感なのは首だということが分かったそうです。その首をマフラーなどで温めることで、血行が良くなり、血圧も安定するということです。


他にも、高血圧の対処法があります。それは、半日断食という方法です。これは、自分で行うよりも、専門家の指導を受けながら実践するようにしたほうが良いかもしれません。上手に行わないと、体調が余計に悪い方向へ行ってしまう可能性もあるからです。

この半日断食による高血圧の対処法は、高血圧だけでなく、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチなどにも効果が高いと言われています。いくつか、書籍も出ていますので、まずは読んでみて、自分に合いそうだと感じたら、実践してみると良いでしょう。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional